紛失の心配から、今まで持たなかった私だったが、会社の同僚が便利に使っているのを目の当たりにして、ついに持つことになった。それが、IC定期として使用できるクレジットカードだ。心配性の私も「だって定期券は落としたことないでしょ?」という一言が決め手となった。6ケ月分の定期を購入したら、定期入れに入れて、あとは今まで通り使うだけ。なのに、メリットは計り知れない。 改札機はタッチで通ることができる、定期区間外も、乗車駅と降車駅のタッチで記録し自動精算してくれるので、券売機で運賃を調べ切符を購入するという手間がいらない、年会費も通勤定期券の購入で無料、通勤定期券の購入をクレジット払いにするとカードのポイントがたまる、駅そばのお店でのランチしたとき財布を忘れてしまったときも、支払いに使用できて助かったり。その上、私のカードは百貨店と提携しているので、ポイント交換で商品券をもらった。 お得ずくめの、交通系ICカード。今度はクレッジットでのお買い物にも挑戦してみようかな。

私は外出をする時にあまり現金を持ち歩きません。大体いつも千円から2千円ぐらいしか現金を持ち歩かず、買い物をする時はクレジットカードを利用するようにしています。少額の買い物でもクレジットカードで支払いが出来るので、とても便利です。現金で買い物をすると、お釣りをもらった時に小銭が増えていつの間にか財布が小銭でいっぱいになってしまうので、クレジットカードで支払うようにしています。クレジットカードの場合、支払いの時にとてもスムーズだしスマートに買い物が出来る所が気に入っています。クレジットカードを頻繁に使うようになって10年程になりますが、計画的に使うようにしているので返済の時に慌てる事もありません。クレジットカードを利用する事によってポイントもつくので、お得にショッピングをする事が出来ます。

これまで何度か支払いを忘れてしまったことがあるのは公共料金や国民年金の保険料です。支払いを遅らせるつもりはなく、もちろんしっかりと支払いをしたいと思っていました。しかし、銀行の口座から引き落としになる公共料金は入金を忘れていました。また、振込用紙で支払っていた国民年金はうっかり忘れてしまったので支払期限に間に合わなかったです。入金を忘れることや振込用紙での支払いを忘れるという事態を防ぐための方法を検討した結果、クレジットカードでの支払いが便利に感じました。クレジットカードに設定しておけば、後日口座から料金が引き落としになるだけなので、給料の振込がある口座を設定しておけば、支払いを忘れる可能性はなくなります。

クレジットカードの有効期限

クレジットカードの有効期限はカードの種類によって異なります。以前、自分はいくつかのクレジットカードを所有していました。しかしそれら全てを上手に使いこなすことができませんでした。そのためいくつかのカードは更新せず、自分が使いやすいと感じたもののみを使用し続けています。そして現在使用しているクレジットカードは有効期限が長く、更新手続きを頻繁に行う必要がないものです。自分は面倒なことがあまり好きではありませんし、郵便物に目を通すことが苦手です。そのため更新手続きのお知らせが郵送されてきても、それに気づかないこともあります。このような性格の自分にとって、有効期限が長いクレジットカードは非常に重宝しています。

クレジットカードの魅力や利点

クレジットカードを使うことの魅力といえば、現金を扱う必要なくショッピングが楽しめて非常に便利な点や、お釣りを受け取ったり確認する手間がない安心感です。私はいつもスーパーや百貨店で買い物する時には、クレジットカードを愛用してます。財布から現金を出さなくても済むので支払いもとてもスムーズという利点がありますし、利用した金額に応じてポイントを沢山溜められますし、デパートやスーパーと提携しているクレカなら、割引を受けられたり、クレカを保有している人限定でポイントの付与率が大幅にアップしたりお得な嬉しい特典があるので、クレジットカードは手放せない毎日の相棒です。クレジットカードがあれば、財布に今いくら入っているかなど手持ちの現金を気にする必要も無くせますし、大きい買い物をする時でも、多額のお金を持ち歩く必要もないので安全です。

某銀行のクレジットカードを長年愛用しています。どのクレジットカードも大抵そうですが、ポイントが貯まるサイトを経由するとポイント獲得率がアップするサイトが使えます。しかし、その利用の為に、毎回銀行のネットバンクにログイン、クレジットカードメニューからポイントサイトへ移するというのが大変手間に感じてしまい、ついつい通販サイトなどはそのサイトを介さずに使用しがちです。勿体ないのはわかっているのですが、ネットバンクへのログインは不正を防ぐ為に当然なのですが、どうしてもパスワード等の他に認証機能があるので面倒に感じてしまいます。一方、クレジットカードと交通マネー一体型なので、オートチャージで交通マネーのポイントとクレジットカードのポイントが貯まるのはとてもありがたいです。

三社のクレジットカード

私がクレジットカードを待ったのには、訳が有ります。それは娘が、挙式するのにグアムで行う ということがきっかけでした。最初に申し込んだのは、楽天カード、初めて申し込んだので、限度額30万、キャッシング10万、でした。ですがそれだけだと不安なので、もう一枚、セディナカードも作りました家族がみんな初めての海外、成田での前泊という事でスーツケース、着ていく服、式に出るための服、成田までの飛行機や、宿泊費等を楽天カードで。あっという間に限度額に達してしまい、仕方ないのでそのあとは、セディナカードを利用しました。グアムへ行ってからの利用です。グアムでは現金より、カード利用の方が良いようで 日本とはカードに対する考え方が全く違うのだと体験しました。カードの使えない店が無かったからです日本だと飲食店でカードの使えないところのほうが多いですが 海外はやはり、カードを持っていないとダメだな、と、感じました。毎月支払ってますがあるととても心強いのがクレジットカードですね。

楽天クレジットカード

楽天クレジットカードを使っています。それについて書きたいと思います。まず、楽天カードを使うきっかけになったのが「楽天市場」を利用することが多かったからです。登録も簡単でしたので楽天カードを発行し大体2~3週間ぐらいで届きました。メリットとしてはよくTVのCMで最高ポイント付与が最高7ポイントがつきますと言われていますが条件があります。通常購入で1P、アプリ利用で1P、楽天モバイル1Pと楽天カードで3Pで楽天プレミアム1Pで合計7Pになります。ですが実質は楽天プレミアムカードは年会費がかかる為、結局は6Pになります。ですがこれでもかなりお得になりますのでオススメです。普通のクレジットカードですので町中の通常購入でも1Pつきますのでオススメです。

百貨店やデパートで頻繁にお買い物をする人には、百貨店系のクレジットカードを作ることをおススメします。なぜかというと、ポイント還元率が高いことで知られているからです。たとえば高島屋の「タカシマヤカード」は8%、西武・そごうの「ミレニアム/クラブ・オンカード セゾン」は年間の買い物金額に応じて最高7%、三越伊勢丹グループが発行する「エムアイカード」なら前年の買い物金額に応じて最高10%のポイントが還元されます。これって凄いですよね。ただし注意してほしいのが、百貨店系クレジットカードの場合は年会費がかかるものが多いということ。でもポイント以外にも、それぞれの百貨店独自のサービスがついていることもあるので、よく利用する所があるなら一度ホームページや店舗で確認してみるといいですよ。

オークションとクレジットカード

クレジットカードの使い道というのは沢山あるのですが、使ってみてから初めて気づいたのですがオークションサイトでもクレジットカードが使えるのでとても便利に使っています。便利過ぎて使いすぎに注意をしているのですが、ついつい使ってしまうのが難点ですが、やはり掘り出し物やレアものなどがあるとクレジットカードの方が使いやすいということで便利に使わせてもらってます。主にヤフオクなどで古書やフィギュアなどのオタク趣味に使わせてもらっていますが、やはり格安であったもクレジットカード決済のみという場合もありますし、即決の振込もあるためにとにかく収集癖がある趣味においてはオークションサイトとクレジットカードはとても相性がいいと思います。