2016年12月アーカイブ

クレジットカードを使うメリットのひとつに、現金を持ち歩かなくても良いという点があります。私は普段から財布を軽くしたいので、あまり現金を入れずに、クレジットカードで払うようにしています。近所をぶらぶらするときは、財布を持たないことも多いです。クレジットカードと小銭をポケットに入れて、手ぶらで出かけます。呑み会や外食の時もクレジットカードだけをポケットに入れていきます。支払時もバックを開けて、財布を開けてという手間が無く、スムーズにです。デートの時なんかもスマートでいいかもしれないですね。稀にカード払いができない店もあるので、事前にチェックした方が良いでかもしれないです。デートで現金持ってきてなくて、彼女に払わせると、気まずくなりそうです。現金持たずにクレジットカードだけで出掛けるの楽しいですよ。

楽天カードでポイントゲット

専業主婦である私は「楽天カード」を日常生活の光熱費などの引き落としとして使用しています。何といってもまず「年会費」がかからないこと、「楽天ポイント」が貯まりやすいことが自分にとっての最大のメリットだと思ってます。必要なものがあると「楽天」でお買い物をすることがあるのですが、ポイント10倍期間などさまざまなキャンペーンをやっているので、その時期を狙えばとってもお得であり、毎月の光熱費と合わせるとポイントはどんどん貯まっていきます。節約志向の私は1年間で楽天ポイントを貯めておき、年末のお歳暮を贈る時期になるとその貯まったポイントを使って有名店の洋菓子を購入し実家へお歳暮として送るという使い方をしています。

 紛失の心配から、今まで持たなかった私だったが、会社の同僚が便利に使っているのを目の当たりにして、ついに持つことになった。それが、IC定期として使用できるクレジットカードだ。心配性の私も「だって定期券は落としたことないでしょ?」という一言が決め手となった。6ケ月分の定期を購入したら、定期入れに入れて、あとは今まで通り使うだけ。なのに、メリットは計り知れない。 改札機はタッチで通ることができる、定期区間外も、乗車駅と降車駅のタッチで記録し自動精算してくれるので、券売機で運賃を調べ切符を購入するという手間がいらない、年会費も通勤定期券の購入で無料、通勤定期券の購入をクレジット払いにするとカードのポイントがたまる、駅そばのお店でのランチしたとき財布を忘れてしまったときも、支払いに使用できて助かったり。その上、私のカードは百貨店と提携しているので、ポイント交換で商品券をもらった。 お得ずくめの、交通系ICカード。今度はクレッジットでのお買い物にも挑戦してみようかな。

このアーカイブについて

このページには、2016年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年11月です。

次のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。