2016年5月アーカイブ

最近ではパソコンを使ったネット通販でもクレジットカードの情報を通販サイトに登録しておけば、支払いの際に煩わしい手続きをする必要も無くなりました。しかしクレジットカードの情報をそれぞれのサイトに登録したり、パソコンに記録させておくことはセキュリティの面から言ってある程度のリスクがあるという事に気を付けておかなくてはいけません。何故なら会社やネットカフェなど、不特定多数の人達が同じパソコンを使うような環境において、もしそのパソコンで自分のクレジットカードの情報を登録している通販サイトにアクセスするだけでログイン出来てしまうような状態にしてしまっていたら、それだけで他の誰かに勝手に買い物をされてしまうということも起こり得るからです。

クレジットカードというと現金を持たずに買い物ができるというのが大きな特徴です。しかし、私がクレジットカードを所持している理由はこの特徴ではありません。インターネットでショッピングを行う際、とても便利だから持っているのです。インターネットショッピングの決済方法は、クレジットカード、銀行振り込み、代金引換、コンビニ支払いなど複数あります。その中でも費用の負担が1番軽いのがクレジットカードなのです。クレジットカードには、代金支払い時に手数料がかかりません。他の決済方法はほとんどのショッピングサイトで手数料がとられます。クレジットカードでのショッピングであれば、実店舗でもインターネットでも費用の負担に差がありません。店舗に足を運ぶ時間を節約できるぶん、よりインターネットでの買い物がしやすくなるのです。

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。