ANAのカードには一般カード、ワイド、ワイドゴールドと3種類ありますが、実際に飛行機に搭乗する事が多い人なら、フライトマイルが25%増しになるワイド以上を選択するべきです。ワイドとワイドゴールのどちらを選択するか、となるとワイドゴールドがおすすめです。ワイドゴールドなら貯まったポイントのマイルへの移行が無料です。また空港のカードラウンジが無料で使用できます。上級会員になってしまえば専用ラウンジが使用できますが、最近の主要な空港のカードラウンジは、専用ラウンジに劣らないサービスを受けられます。普段使用する空港にカードラウンジがなければ、ワイドにするのも手だと思います。年会費が高いのがデメリットですが、明細表を不要にしたり、リボ払い設定にする(実際には一括可能)等すれば、1万円くらいまで下げる事が可能です。出張の多い人、旅行の好きな人なら一番上のカードがおすすめです。

イオンクレジットカードWAON一体型

イオンクレジットカードは近くにイオンがあって利用回数が多い方にはおすすめなカードです。年会費は無料なので維持費はかかりません。毎月20日と30日にお客様感謝デーがありほぼ全品がレジで5%引きになるため日用品や食料品などのまとめ買いに利用しています。クレジットではなく現金払いでもWAONポイントが貯まります。また、イオンカードを使っていると忘れたころにサンキューパスポートやバースデーパスポートなどの優待ハガキが届きます。期限内に好きな日を選び当日は何度買い物をしても5%~20%引きになるのでとてもお得な割引ハガキです。私はクレジットカードはこのカードしか使っていないので、WAONポイントはかなり貯まります。200円につき1ポイント貯まるので複数クレジットカードを使用するより1枚に絞った方がポイントは貯まりやすいと思います。貯まったポイントは支払いの際に利用できます。

私は、年会費無料のクレジットカードを利用しています。携帯代金、固定電話料金もクレジットカードで、引き落としています。そして、日々の食料品を始めとする、マーケットで買い物をする生活必要品もこのクレジットカードを利用しています。ちょっと、私の贅沢品、ウインドショッピングをした時の洋服代、靴代などもこのクレジットカードで払います。美容院代、外食した時の支払いもできるだけ、クレジットカードを利用します。ほとんど買い物は、このクレジットカードを使っています。財布の中には、現金はあまり入れてません。 たまった、ポイントは、商品券に換えています。こうやってクレジットカードを利用すると、結構ポイントもたまります。商品券分、お得になるので、節約につながっていると思います。

私はクレジットカードはVISAのものを1枚だけ持っています。田舎に住んでいるので、店舗で使うよりはインターネットで使用する事が多いですが、通販サイトにいくつか登録していたり、据え置き型ゲームの毎月の支払や、ゲーム内で課金した分で、知らず知らずのうちに使っている事があって、来月の支払いがめでたく過去最高の4万円を超える事になりました。クレジットカードを使っていて問題だなと思っていたのが、使用した分が一応メールで送られてはくるのですが、使用した額を確認するにはカード会社のポータルサイトでログインして、その月を選んでと結構手間だった事です。それが最近、専用のスマホアプリがある事を知りまして、たぶん今後のやりくりのしかたがかなり変わってくるのではないかと期待しています。こういうのはもうちょっと早く、メールでも良いので宣伝してほしかったなと思います。

クレジットカードは現金を必要としないで買い物などができますが、それは財布の中に常に現金を入れておかなくても大丈夫ということを意味しています。現金で常に支払いをしていると、財布の中に現金が入っているか?どれだけ入っているか?を定期的に気にしないといけませんが、クレジットカードが入っていればそういった確認をすることが必要ないと言えます。だから、財布に1枚クレジットカードが入っているだけで、常に支払いができるわけですから、現金を使って支払いをする場合と比べてかなり便利なところがあると言えます。こういう部分を見てもクレジットカードは便利と言えると思うので、多くの方には1つの魅力として知っておいてもらいたいと思うのです。

イオンカードで買い物割引

全国各地にある大手スーパーのイオンでは月に何度もお得に買い物できる日が設定されています。毎月10日のおとくデーや20日30日のイオン感謝デーはイオンカードを持っている人ならカードを提示するだけで、直営売り場の買い物が5パーセント引きで利用出来ます。食料品や衣料品などお得になるので年会費も無料だからイオンをよく利用する人にはメリットがあります。そのうえ55歳以上の方にはもう少し特典があります。15日のGGデ-が開催されているのでこの年齢の方はさらに5パーセント引きで買い物できる日が増えるのです。特典が利用できる日にお買い物に行くことで生活必需品もお安くなります。年金収入で少しでも家計を抑えたい世代には助かるクレジットカードです。

クレジットカードを選ぶに当たって、気をつけたいポイントがいくつかありますが、中でも注目しておきたいのはポイントや付帯サービスについてです。例えば、インターネットの通信販売を利用するケースが多い場合は、利用販売サイトに関連するクレジットカードを選ぶと非常に有利に働きます。例をあげると、ヤフーショッピングというサイトを利用する場合はヤフーカード、楽天市場を利用する場合は楽天カードといったように、サイトに関係するクレジットカードを持っていることで、ポイントが倍以上貰えます。もしも日用品などをこれらの通販サイトで購入する場合は、月に数万円以上の出費になるはずですから、貰えるポイントも数千から数万ポイントとなかなかバカにはできません。これらの貯まったポイントも、そのまま買い物に利用できるのですから、クレジットカード選びには注意したいところです。

クレジットカードは日々の買い物にも利用ができ、近年はコンビニで数百円の買い物でも利用が可能となりました。そのため、毎日クレジットーカードを使う事で、簡単にポイントを貯める事が可能です。現金を使わずとも、日々の買い物から公共料金の支払い、そしてネットショッピングでもクレジットカードを使い、利用した分のポイントを貯める事で、貯まったポイントをマイルに変換が出来ます。海外旅行から国内旅行、そしてフライトのグレードをマイルを使って無料でアップグレード出来ますので、毎年マイルを使って旅行に行く様になりました。出来るだけ現金を使わない様にし、日々クレジットカードでの生活を心がけた結果、毎月数百ポイントから数千ポイントを自然と貯まる生活に変える事が出来ています。

家計簿代わりにクレジットカード

貯金するにはクレジットカードは使わないようにとよく耳にしますが、最近はクレジットカードを頻繁に使うことにしました。もともと現金で買っていたのですが、現金がないときに結局コンビニなどで下すので、手数料がかかってしまい、損しているように思っていました。だいたい買いに行くスーパーは決まっていますし、クレジットカードが使えるので、カードで支払うようになりました。そしたらポイントが結構たまっていたので、商品券1万円分と交換。早ければ3か月に1回交換できることもあります。月に2、3回銀行でお金をおろして、手数料かかるより、クレジットカードで商品券がもらえる方が良いのでは?と思ったので、食材や日用品用のカード、贅沢品のカードと二つに分けてクレジットカードで支払うことにしました。web明細を見れば使いすぎなのかどうかもすぐわかりますし、家計簿が付けれない私にとっては一石二鳥でした。今では還元率の高いクレジットカードに切り替えようか模索中です。

クレジットカードを使うメリットのひとつに、現金を持ち歩かなくても良いという点があります。私は普段から財布を軽くしたいので、あまり現金を入れずに、クレジットカードで払うようにしています。近所をぶらぶらするときは、財布を持たないことも多いです。クレジットカードと小銭をポケットに入れて、手ぶらで出かけます。呑み会や外食の時もクレジットカードだけをポケットに入れていきます。支払時もバックを開けて、財布を開けてという手間が無く、スムーズにです。デートの時なんかもスマートでいいかもしれないですね。稀にカード払いができない店もあるので、事前にチェックした方が良いでかもしれないです。デートで現金持ってきてなくて、彼女に払わせると、気まずくなりそうです。現金持たずにクレジットカードだけで出掛けるの楽しいですよ。